プログラム概要

CAPのPIPが日本でもスタート

世界の約7,000名以上の病理医が参加する米国病理学会(CAP)の病理診断の外部精度評価プログラム(PIP)が、日本においても2008年6月から開始されました。

病理診断の外部精度評価プログラム(PIP)は、米国病理学会(CAP)が1977年から行っている外部精度管理プログラム(CAPサーベイ)の一部門で、実際のガラス組織標本を用いた症例検討を通して、病理医の診断スキルの評価と向上を目的としたプログラムです。

従来、病理診断の外部精度評価プログラム(PIP)に参加したい場合は、直接米国のCAP本部に申し込む必要があったため、事務手続き、解答用紙送付等についてはすべて英語で行う必要がありましたが、2008年からCAP日本事務局での申し込みが可能になったため、これ以降は日本語で参加していただいています(JPIP)。

組織標本の送付と同時にCAP日本事務局から届くご案内メールからダウンロード可能な「キット説明書」と、解答後の自動返信メールからダウンロード可能な「解説書」にも、日本語が併記されています。

『推薦のことば』

「病理専門医の資格更新のために学会や講習会に出席したいのですが、忙しくて病院を離れることができません。自分としても病理の勉強をしたいのですが、何か良い方法はないでしょうか」「今、病理の現場から離れているのですが、病理の勉強は続けておきたい。将来病理に戻るつもりなので……

真鍋俊明
滋賀県立成人病センター 総長
(本プログラム翻訳監修者)

病理診断の外部精度評価プログラム(JPIP)とは

病理診断の外部精度評価プログラム(JPIP)は、米国病理学会(CAP)が実施している病理医による病理医のためのプログラムです。このSurgical Pathologyの生涯教育は世界規模で行われており、病理医の診断スキルの評価と、他病理医とのパフォーマンスの比較が可能となっています。

また、当プログラムは米国メディケア・メディケイド・サービス・センター(CMS)が認定している病理診断の技能試験です。米国においては、認定病理医になるための必須プログラムとして認知されています。

米国内では年4回(1回10症例)、計40症例の組織標本が参加者に送付されますが、日本では年2回(1回10症例)、年20症例の組織標本が送付されます。症例には炎症や感染症を含む腫瘍性疾患および非腫瘍性疾患が含まれ、ほぼすべての臓器部位をカバーしています。
※過去の症例をご覧になりたい方は、こちらをご覧ください。

JPIP参加者は、症例ごとに診断選択肢から適切と思われる診断名を選択し、解答用紙に記入してCAPまで送付します(日本ではオンラインで解答)。参加者に送付されるキットには、組織標本(10症例)が入っており、「キット説明書」および「解説書」は、CAP日本事務局からのご案内メールまたは解答後自動返信メールにてダウンロード可能なリンクをお送りします。

各JPIP実施後には、非常に有用な「Participant Summary」(全参加者サマリーレポート)が提供され、全参加者の各症例ごとの回答率がまとめられています。
これにより、JPIPの参加者は世界規模における他の病理医とのパフォーマンスの比較が可能となります。また、JPIPの「総評」も当サイト内でご覧いただけます。

病理診断の外部精度評価プログラム(JPIP)を修了した参加者は、年間AMA PRA カテゴリー1の40単位(40 AMA PRA Category 1 Credits™)の取得が可能です。日本では年間20症例のため、20単位の取得が可能となります(単位を取得するためには別途申請が必要です)。

米国病理学会(CAP)とは

米国病理学会(CAP)は、病理医を主体とした学会としては世界最大の学会です。
世界22,000(100ヵ国)以上の臨床検査室を対象とした外部精度管理プログラム(PT)や、世界 7,800(50ヵ国)以上の検査施設が参加する臨床検査室認定プログラム(LAP)などを実施する学会として知られています。

米国病理学会(CAP)の外部精度管理プログラム(PT)は、品質と公正さを保証するプログラムとして、検査室が必要とするすべてのサーベイ(754種類/項目は1000超)を提供しています。
※詳しくはCAPホームページをご覧ください。

年間20症例の組織標本をご送付

組織標本(1回10症例)の入ったキットは、年2回、直接お手元に送付されます。年間で20症例の組織標本が届きます。送付される時期は、1回目が毎年6月初旬、2回目が毎年11月初旬を予定しています(CAP本部の制作状況により若干遅れることもあります)。

  • 1回目ご送付(JPIPA)   毎年6月初旬
  • 2回目ご送付(JPIPB)   毎年11月初旬

組織標本は返却の必要はありません。個人のライブラリーとして保管しておくことができます。
※キット内容については、[キット内容]をご覧ください

PAGE TOP